小岩井農場

 
小岩井農場のあゆみ
荒野から始まった小岩井農場の物語〜土壌改良から山林の形成まで〜
明治41年の牛の放牧風景
明治41年の牛の放牧風景
一面の荒野には木がほとんど生えていなかった。

小岩井農場は1891(明治24)年の開設。共同創始者である小野義真(日本鉄道会社副社長)、岩崎彌之助 (三菱社社長)、井上勝(鉄道庁長官)の三名の頭文字をとって「小岩井」と命名されました。その後、1899(明治 32)年からは岩崎久彌が小岩井農場を継承し場主となり、その責任のもとで最も信頼できる者を経営にあたらせることとなりました。
開設当時、小岩井農場周辺は不毛の原野でした。冷たい西風が強く吹く、極度に痩せた酸性土壌と湿地が人間による開発を拒んできたのです。そのため、新墾 地の土壌改良を行ない、湿地に暗渠排水網をはりめぐらせるとともに、圃場や施設を守るための土塁を築く等、基盤整備に数十年を要しました。中でも防風・防 雪林の植林は、やがて農場面積の三分の二を目標として、本格的にスギ・アカマツ・カラマツの植林を行う山林事業へと発展してゆきます。

明治生まれの小岩井ブランドの乳製品
〜畜産振興をめざすブリーダーとしてスタート〜
本部事務所(国登録有形文化財)
本部事務所(国登録有形文化財)
1903(明治36)年の建築。宮沢賢治の長編詩「小岩井農場」(大正11年の作品)の中で「本部の気取った建物」とうたわれた。現在も事務所として使用されている。
 1899(明治32)年からは、当地の立地・ 気候風土に適合するものとして、また明治初年来の国策である殖産興業の一翼をにない日本人の体位向上に資するため、畜産振興を行うことを目標に定めます。 種畜の生産供給(ブリーダー)事業を主体とし、その餌となる作物の耕作を行なうこと(これを「畜主耕従」と呼ぶ)を経営方針としました。現在に続く畜産事 業の始まりです。1901(明治34)年には、オランダなどから乳用種牛を輸入し品種改良を開始。全国の種畜場・牧場などに種畜を供給しました。また、飲 用乳・バター・チーズの製造技術の確立を図り、我が国の乳業事業の発展に貢献しました。
1938(昭和13)年には自立した経営を行うべく、小岩井農牧株式会社を設立し、小岩井農場はその事業所となります。
農林畜産業を基幹として時代に応じた多角的展開
搾乳用牛舎(国登録有形文化財)
搾乳用牛舎(国登録有形文化財)
1934(昭和9)年建築当初の面影をそのまま残す。「30年後でも恥ずかしくない牛舎を」と建てられた当時最新鋭のものだったが、約70年後の今も現役。

第二次世界大戦後、GHQの占領政策のため、農場用地約1,000ヘクタールを解放するとともに、多くの優 秀な競走馬を育て経営的にも重要な柱であった育馬事業(当初軍馬用の馬匹改良という国策に応じてはじめた)を廃止しました。この経済的打撃は大きく、後に 多くの事業に挑戦するきっかけとなりました。昭和30年代には種鶏事業を本格化します。
乳牛の育種改良については官主導とする政策転換に対応するため、長く事業の根幹であったブリーダー事業を終息し、生乳の増産に向け搾乳牛の多頭飼育に移 行しました。また、飲用乳・バター・チーズなどの製造販売を本格的に展開することとなりました。1976(昭和51)年、この事業を分離し、キリンビール 株式会社との合弁で小岩井乳業株式会社を設立しました。現在も小岩井農場の乳牛から搾った生乳は、全量を小岩井乳業(株)小岩井工場へ供給しています。
戦後、収益的に農場経営の柱となった林業も、大口需要先であった鉱山の相次ぐ閉山、外材輸入の急増という状況に対応し、資源の温存を図りつつ、環境保 全・景観保全等、山林の多角的機能を大切にする方針に転換しました。この林業で培った技術をもとに、後に環境緑化エンジニアリング事業を立ち上げました。
近年は時代のニーズに応える農林畜産業の充実を図るとともに、さらにこれらの生産農場としての営みを生かした、観光事業・農場商品販売事業など、農林畜産業を主軸に複合的・多角的に事業の展開を図り、現在に至っています。

基本は「環境保全・持続型・循環型」の運営
 農業政策の転換、経済の国際化等著しい変遷の中でも、小岩井農場は一貫して農林畜産業を基礎とした運営を継続し、不毛の原野は百年を越す歴史の中で生産性の高い緑の大地に変わりました。
小岩井農場はこの心を潤す緑豊かな大地を、「環境保全・持続型・循環型」運営により、生産農場として更に維持充実させてゆきます。そして、ここを原点と して長年培われてきた技術を更に磨き、「安全・安心・素性明らか+質の高さ」を全ての基礎に、生み出す商品・サービス・情報などを通して社会に貢献して参 ります。