調査中

 

桐島像一

水上不二夫
六高、東大

戸田務

拓北農場

新潟事業、小作

岩崎家庭事務所(茅町の総司令部)

三菱査業課

山本喜譽司 1892年-1963年
東京帝国大学農科 農学士 農学博士
1917年7月14日 三菱合資会社本社東洋課技師として入社
小岩井 1918年2月19日ー10月2日 耕耘部見学
ブラジル 東山農場場長

東京生まれ。1905年、東京府立第三中学校に入学。1910年、旧制第一高等学校に不合格となり慶應義塾大学理財科予科に進学したが、翌年再受験して二部乙類に合格する。その後東京帝国大学農学部に進学し、原煕に師事。講座のメンバーは同期に太田謙吉坂田静夫丹羽鼎三野間守人森一雄阿部貞著の面々。大正6年卒業三菱合資会社に入社。社長岩崎久彌から海外での農場経営の任務を与えられ、中国北京に滞在。綿花事業に携わる。

1926年、コーヒー栽培事業のため、ブラジルに派遣される。サンパウロ郊外のカンピナスの丘陵に岩崎彌太郎の号「東山」を冠した東山農場を開設。

翌年、三菱資本で合資会社「カーザ東山」を設立。コーヒーの取り扱うが、その他の産物や加工などにも事業を行い、多角経営化を図っている。第二次世界大戦中と戦後では強いリーダーシップで日系ブラジル人#「勝ち組」と「負け組」の抗争終結と日系人の権利回復に奔走。

1954年サンパウロ市建設400年祭において日系コロニアが日本館を建設してサンパウロ市に寄贈する。1955年にはサンパウロ日本文化協会を創立。3年後の日本移民50周年祭をコロニアの総意で実現させる。

1963年、71歳のとき肺がんで帰らぬ人となる。

山本の没後彼を記念して山本喜誉司賞が設立されている。

宮地勝彦 1891年明治24年生まれ?
東京帝国大学農科実科
小岩井 1922年10月30日−1923年11月
ブラジル 東山農場次席
スマトラ アジャム園支配人
東山農事常務
東山農事顧問

査業課技師補 小畠忠男
小岩井 1920年6月14日から約1年

査業課海外派遣生 片柳光四郎
小岩井 1924年12月3日 から約1年

野村

三井

古川拓殖(大会社)伊藤忠との関連

南洋拓殖株式会社は通称南拓と呼ばれ、1935年(昭和10年)に拓務省によって立案された『南洋群島開発十ヵ年計画』に基づき翌年発令された南洋拓殖株式会社令に従って設立された国策会社であり、株式会社の形態をとった[1]

北支那開発中支那振興の5倍(後に10倍)東洋拓殖満州拓殖の10倍(東洋拓殖は後に15倍)と比較すると少ない[4]。先行した南洋興発はその業務の一部において国策を遂行したが民間企業であり、南拓は半官半民ではあるものの国営企業であることが大きく異なっている[1]。経営は拓務大臣大東亜省設置以降は大東亜大臣)の管轄下に置かれ、社長は拓務大臣が任命したが、経営には海軍軍人国会議員東洋拓殖や南洋興発の関係者も加わっていた[1]

台湾総督府の南洋調査と英領マラヤのゴム栽培
横井香織

http://repository.hyogo-u.ac.jp/dspace/bitstream/10132/2130/1/AA11282985007